【限定記事】これから始まるAIブームに備えろ!

はじめに

たーくん

どーも。たーくんです!

今回は「これから始まるAIブームに備えろ!」というテーマで解説して行きますね!

現在、S&P500のチャートは綺麗な右肩上がりで上昇しています。

たーくん

理由はAI関連銘柄が軒並み上昇し、それに牽引するようにS&P500も上昇しているからです!

僕は2024年2月末にあるAI銘柄に48万円ほど投資しました。
たった1週間程度でプラス38083円(+7.78%)でした。

たーくん

この銘柄は『大本命のAI関連銘柄』です。

たーくん

この銘柄については以下のメルマガで共有されていました。
メルアドの登録だけで見れるので、気になる方は受け取ってみてね。

実際に僕も48万円投資している銘柄ですが、投資は自己責任でお願いします。

みなさんも一緒に投資について勉強していきましょう〜!

投資ブーム

たーくん

投資ブームというのは一度火がつくと、その後何年も続く傾向があります。

以下の表に今までの投資ブームについてまとめました。

  1. 1970年代 → 金ブーム
  2. 1980年代 → 日本株ブーム
  3. 1990年代 → ドットコムブーム
  4. 2000年代 → BRICsブーム
  5. 2010年代 → GAFAMブーム
  6. 2020年代 → AIブーム?

今、AIブームが始まろうとしているわけですが、過去5回のブームがいずれも4~6年続いたことを考えれば、AIブームもまた4~6年続く可能性が高いです。

たーくん

なので僕は冒頭で紹介した『大本命のAI関連銘柄』は4~6年程度、保有する予定です。

AIは業界に限らず、あらゆる仕事の場面で活躍が期待できます。

たーくん

まだ企業が本格的にAIを導入していないことを考えるとAIブームはこれから始まると思います。

AIで大事なのは業績ではない

たーくん

AIブームで大事なことは『業績』ではなく、『印象』です。

以下のチャートはドットコムバブルの1990年代のチャートです。

この時のドットコムバブルでは業績なんて全く関係なく、全てのネット関連企業が大暴騰しました!笑

また企業名に.comと名前がつけばその企業の株価も大暴騰しました。笑

たーくん

このことから分かるように、AIブームで大事なことは『業績』ではなく、『印象』です。

バブルになれば業績なんて全く関係なく買われる。
企業名にそのブームの名前があるなど、印象さえあれば買われる。

たーくん

米経済は今、景気が良く、AIの力なしでも成長することができています。

上の表は、2024年第4四半期のS&P500のEPS成長率です。

前年同期比+17.6%と、2023年第4四半期の+3.0%から急加速することが見込まれています。

たーくん

つまり米国株は、AIの恩恵がなくても業績の拡大に伴う株高が期待できます。

これは景気の良い米経済にAIブームがたまたま重なることで、あたかも米経済全体がAIの恩恵に与っているように見えるのです。

たーくん

この「印象」によって、企業のAI投資を加速させ、AIバブルへと発展すると予想しています。

そして一度バブルが始まれば、『上がるから買う→買うから上がる』と言った、株価上昇のスパイラルに入ります。

AI本命銘柄に投資しろ!

僕が48万円投資した銘柄はAI本命銘柄です!

僕が48万円投資した銘柄はAI本命銘柄です。

たーくん

この銘柄については以下のメルマガで共有されていました。
メルアドの登録だけで見れるので、気になる方は受け取ってみてね。

たーくん

この銘柄を2/26に買いましたが、1ヶ月経たずプラス53,620円の利益です!

利回り+10.95%でこの銘柄はAI本命銘柄で僕は5~10年保有する予定です!

たーくん

直近での業績は申し分なし!

上の画像のように、①売上高、②営業利益、③営業CF、④フリーCFなど急上昇中です!

たーくん

売上高営業利益率も50%超えています!

利益率が良い=稼いでいる証拠です!
日本では利益率10%越えたら良い企業とされているよ!

たーくん

AppleもEVを撤退し、AIに参加を表明するほど今注目されています!

たーくん

AppleのCEOであるティムクック氏もこれから覇権を握るのはAI企業だと確信してるのでしょう。

AIにおいて半導体は必須!

AIにおいて半導体はなくてはならない必須アイテムです!

たーくん

まず、AIは大量のデータを処理し、そのデータから学習することで機能します。


この処理と学習の過程には、膨大な計算が必要となります。

たーくん

ここで半導体が登場します。


半導体は、コンピューターやスマートフォン、さまざまな電子機器の脳みたいなものです。
この「脳」がデータを処理し、計算を行うことで、機器が機能します。

GPUの役割

GPU(Graphics Processing Unit)は、もともとはビデオゲームやグラフィックスの処理に使われていた半導体の一種です。

たーくん

GPUは多数の計算処理を同時に行うことが得意!

なのでAIのように大量のデータ処理を必要とするタスクにも非常に適しています。

例えば、AIが画像を認識しようとするとき、その画像を構成するピクセル(小さな点)一つ一つを分析していきます。
このような作業は、GPUの得意とする分野です。

半導体とGPUの重要性

スピード: AIが膨大なデータを効率よく処理し、リアルタイムで応答するためには、高速な計算能力が必要です。
半導体やGPUは、この高速な計算を可能にします。

効率: 特にGPUは、複数の計算を同時に処理することができるため、効率的にAIのトレーニングやインファレンス(学習したモデルでの推論)を行うことができます。

進化: AI技術の進化には、より複雑な計算や大きなデータセットの処理が必要です。
そのため、より高性能な半導体やGPUが求められます。

たーくん

つまり、AIをスムーズに作動させるために半導体、特にGPUが必要だということ!

AIの発展には半導体技術、特にGPUの進化が非常に大事

AIについて勉強方法

①AI革命

たーくん

僕が48万円投資した銘柄についても載っていたので、まずはここで勉強!

EV×AIで利益を狙う銘柄

たーくん

AIとEVという2つの成長性を組み合わせて利益を狙う米国株3銘柄について理解できるよ。

僕のポートフォリオ

たーくん

僕は今後もメインの投資先は米国株(S&P500などのインデックス)にして、サブでAI株や暗号資産に投資し、成長性を狙った利益追求型のスタイルでいきます。

↓最後に僕のポートフォリオの割合を載せておきますね↓

  1. 米国株:44.2%
  2. 全世界株:10.7%
  3. 新興国株:24.5%
  4. 金:9.0%
  5. 仮想通貨:11.6%

米国株のAI関連銘柄や暗号資産のAI関連トークンに投資しています。
その中でも一番、投資額が大きいのは本日紹介したAI本命銘柄です。

「これから始まるAIブームに備えろ!」でした。ちゃんちゃん。( ・ω・ฅ*)バイバイ♪